正しい頭皮の守り方を知ることで薄毛を防ぐ|50代で差がつく

値段だけで選ばない

スプレー

値段が高いから効果も高い、といった考えで育毛剤を購入しないように注意する必要があります。また使用感についても気をつけておくべきです。最近の育毛剤で人気の製品は、成長因子を配合したもので、髪や毛母細胞の活動を助けてくれます。

正しい頭皮ケアで発毛促進

男性

発毛促進のためには、髪を育てる以前に抜け毛を減らすことが重要となります。薄毛とは発毛と抜け毛のバランスが逆転することで発生する症状なのです。髪が薄くなったと感じたら放置せず、すぐに対策を始めることで毛量の減少を防ぐことができます。

本格的な育毛が必要な年代

生え際

育毛シャンプーが必要に

ヘアケアにはお金をかけるけど、頭皮ケアは節約するという方が少なくありません。シャンプーをしておけば大丈夫と考える方が多いですが、頭皮も肌ですから当然老化します。50代になると若いころのみずみずしさはありませんし、乾燥して弾力性もなくなっていきます。乾燥肌と薄毛は同時に起こることが多いので、肌が乾燥してきたら注意が必要でしょう。50代は更年期障害により髪が薄くなる方も多いので、薄毛対策としてシャンプーだけでも育毛タイプに変えましょう。50代の薄毛ケアで大切となるのは、今よりも髪の毛を減らさないことです。年齢以上に老化が進んでいる頭皮を若返らせるためには、プラスαの対策が必要となります。育毛シャンプーを使用しても抜け毛が減らず髪が細くなっていくなら、育毛剤も取り入れてみましょう。

頭皮マッサージの有効性

年齢を重ねると動脈硬化が進行してくるので、50代からは薄毛ケアとして頭皮マッサージを積極的に行いたいものです。頭皮が硬いままの状態にしておくと、成長しきっていない髪まで抜けるようになります。血行不良は頭皮・髪の栄養を奪ってしまうため、頭皮はもちろん全身の血行促進にも気を配りましょう。本格的に薄毛対策をするには、育毛剤より効果の高い発毛剤を使用する方法もあります。発毛剤を使用するには薬剤師に要相談・許可などの必要性がありますが、利用できる方は育毛剤より発毛剤のほうがいいのです。発毛に効果効能のあるミノキシジルを配合した発毛剤は、壮年性の脱毛症に効果的です。薄毛は進行性の症状なので、進行を食い止めることがケアの第一歩となります。

薄毛の改善のために

育毛されるメンズ

大阪に数多くある発毛と育毛のクリニックの中から、いかに自分に合うところを選ぶのかは大きな課題です。まず大切なのは、あらゆる症状に合わせて治療方法や薬の処方ができるところを選ぶということが挙げられます。